◆ 『会社規則の整備、規則が守られていく仕組み作り』という取組みへの動機;例えば、
・現地化に伴い現地スタッフへ権限を移譲 ➡ 明確な権限規程と、結果に対する報告責任が必要
・本社内部監査から不備の指摘 ➡ リスクを統制する根拠規程と、運用評価の仕組みが要求される
発注権限を持つ購買スタッフの悪い噂 ➡ 権限集中を避ける仕組み、罰則規程の周知徹底が望まれる
・内部監査か非効率で期待できない場合 ➡ データ監査で異常点を抽出する監査の効率化が検討課題
 
◆ 以下のような作業を進めて課題に取り組みます。
・業務記述書、職務権限規程の内容確認、文書化
・社内決議/稟議規程のマスタデータ化、書式フォーマット統一
・会計ソフトACLを利用したデータ監査による異常点の発見、エクセル資料の再計算
・会計ソフトACLを利用した自動化、モニタリングへの応用
 ・内部監査(JSOX内部統制評価)代行
◆具体的な内容については、以下でお問い合わせください。
  • s-facebook
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic
  • s-linkedin